秘書ログ

  • 2012年11月 1日 17:22

     「あの番組に協力するのは止めた」
     10月9日の民放Aの放送後、平将明議員はこうツイートした。不適当な復興予算について、国会閉会中でも衆議院決算行政監視委員会で早急に審査すべく、他の野党委員とともに行動してきたが、与党民主党のサボタージュで実現できない。そう切々と取材陣に訴えたにもかかわらず、番組としての「政治家は休んでいてもポストを守れるが、被災地や工場は休めない。1億3000万の国民の時間を無駄にしている」との結論を導くため、「なぜ(民主党が)ここまで非協力的なのか理由がまったく分からない」という一部のコメントだけが引用され、"国民の税金を適切に扱うための行動"が"与野党間の政争"と一緒くたにされたからだ。
     また、10月11日の民放Bでコメンテーターは「復興予算で問題なのは、政治家が何もやらず、マスコミが調べてようやく問題が表面化したことだ」と言及したが、平議員は、復興予算の問題点を数々のマスコミの記者にレクチャーしているし、政府の行政刷新会議から入手した何十ページもの資料(各省庁予算の点検を行うための"行政事業レビューシート")をコピーし差し上げてもいる。
     行政事業レビューシートにしても、議員から指示を受けて入手を試みたところ、「内閣府以外の省庁の予算のことは分からない」と政府の行政刷新会議が仕事をしたがらないのに対し、「問題がある予算について把握しないのなら、行政刷新会議を設置した意味がない」と強く迫り、ようやく提供されたものだ。
     勿論、1人の国会議員とその事務所ができることは、全体のほんの一部に過ぎない。それでも、平議員に限らず、国会閉会中でも国政に尽力している議員はいる。また、それらの行動は、決して政争のために起こしているわけではない。この事実を送り届けたい。〈秘書W〉

  • 2012年9月27日 12:43

     今年4月、平将明事務所に採用されました秘書Wです。ホームページのリニューアルに伴い、本ログを書かせていただくことになりました。
     ログ(記録)を残したいと思うようになりましたのは、平将明代議士に随行して会合に出たり、平将明代議士自身の考えに触れたりする中で、政府・与党の説明の欺瞞やマスコミ報道の怠慢を目の当たりにしたためで、今後、確からしいことを多くの方々に伝え、共有していきたいと思っております。
     次回以降で、実際に見聞・考察した内容を、できるだけ具体的に客観的に簡潔に記したいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

1 2 3 4 5
another life.(アナザーライフ)
水月会公式バナー
LINEスタンプ
自由民主党公式サイトバナー