カフェスタ

  • 2012年4月24日 10:30

    全国最年少知事(37歳)の鈴木英敬三重県知事をゲストに迎える。鈴木知事が経産省の官僚であった頃からの知り合いという2人の付き合いは10年にも及ぶ。鈴木知事は2008年、官僚を辞め国政選挙に出馬するも落選。しかし、そのことを後悔したことはないと言う。知事就任以来、官僚主導の縦割り行政や古い慣習がはびこっている現状を変える働き掛けを続ける鈴木知事の熱い思いを聞く。合間では、鈴木知事の奥さんでシドニーとアテネ両五輪のシンクロメダリストとして知られる武田美保さんの話題も紹介されます。

    ...
  • 2012年4月 4日 09:51

     ゲストの生田よしかつさんは準レギュラーとして堂々、五回目のご出演。平将明議員は花粉症に悩まされている中での出演。ご承知のように、二人は大田青果市場と築地魚河岸の新旧経営者。その視点と体験から経済の流れと政策について熱く語ります。題して「市場(いちば)関係者から見た日本経済の展望」。
    ※質問はコチラ→ #cafesta

    ...
  • 2012年3月26日 14:30

    今回のゲストは小倉將信東京第23区支部長。氏は自民党の公募により、東京都町田市、多摩市を地盤とする東京23区から出馬することが決定。
    日本銀行に入行後、オックスフォード大学大学院を経て国会議員の道を志しておいでの小倉將信氏。公募議員の先輩で、中小企業の経営に携わってきた平将明議員との対談は経済成長戦略や金融緩和政策を分かり易く解きほぐす有意義なものとなりました。

    ...
  • 2012年3月19日 16:11

     今回のゲストは宮﨑政久沖縄第二選挙区支部長です。
     宮﨑支部長は、平議員が日本JC関東地区会長の時の沖縄地区会長であり、同志。鳩山元総理がズタズタにした政府と沖縄との信頼関係など、難題に立ち向かう宮﨑支部長の本音に迫ります。

    ○質問はコチラ→ #cafesta

    ...
  • 2012年3月 5日 16:27

    今回のゲストは、宇都隆史参議院議員です。宇都議員は、戦闘機のパイロットにあこがれて、自衛隊へ。現場で命を懸けている自衛官の声や想いを国会に届けたいと念じて航空自衛隊1等空尉の職を辞して参議院議員へ。平議員と宇都議員の話は、我が国の防衛上の隘路からロボットテクノロジーまでと幅広い。

    ...
  • 2012年2月20日 17:00

     今回のゲストは、元通産官僚、元埼玉県副知事という経歴の齋藤 健衆議院議員。齋藤議員は、明治維新から日露戦争を経て第2次世界大戦に至る日本の栄枯衰退の歴史を振り返った『転落の歴史に何を見るか』(2003年 ちくま新書)の著者でもある。その著書をベースにして第2次世界大戦で敗戦へと至る転落の理由を挙げながら、中学校時代の後輩と先輩に当たる平議員と齋藤議員が、日本を覆う閉塞感や、なぜ自民党が野党へ転落したのかを話し合う。

    ...
  • 2012年2月 7日 11:30

    今回は、このところ超多忙の石破茂前政調会長にお時間を作っていただいた。石破ファンを自認する築地魚河岸三代目の生田よしかつさんには、ご陪席をお願いして石破議員の日程上の緊急事態に備えていただいた。結果、鼎談となり我が国が現在直面している財政再建の問題や憲法9条改正の問題を巡って活発なやり取りが展開した。

    ...
  • 2012年1月30日 17:43

     今回のゲストは、前衆議院議員で再起を期す自民党東京第6選挙区支部長の越智隆雄さんです。自分のお子さんの写真を使い「次世代に確かな未来を!」と書き入れたほのぼのとしたポスターをお持ちいただきました。平将明議員と越智隆雄さんは国会議員になる前からの知り合いです。そうしたことから初めはゆったり「二人のサラリーマン時代」の話題。やがて「民主党政権の誤り」それに「将来を見据えた政治家の役割」などへと対話が熱を帯びていきます。

    ...
  • 2012年1月24日 13:56

    "日本の政治はせいじ(誠二)におまかせ!"のキャッチフレーズとTOKIOの山口くん似、財務省のエースという親しみやすい呼称でおなじみの木原誠二・東京20区支部長が本日のゲストです。木原支部長は、平将明議員と共に2005年の衆議院議員選挙で初当選を果たした同期の政治家です。平将明議員と木原誠二支部長の同期ならではの腹蔵無きやり取りが当初から期待を集めていました。

    ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
another life.(アナザーライフ)
水月会公式バナー
LINEスタンプ
自由民主党公式サイトバナー